頭金ゼロ!月額最安!お得なマイカーリースを利用しよう!

子供は何歳からキャンプに連れて行ける?小さな子供とキャンプをする上で気をつけたい3つのこと。

How to CAMP

子供にとってキャンプは自然と触れ合ってのびのび育ついい環境です。
冷たい小川にはしゃいだり、すごくいい笑顔をします。
では、何歳からキャンプ連れていけるのでしょうか。
私には二人の男の子がいるのですが、二人とも1歳からキャンプに連れていっています。
どちらも過ごしやすい初夏や秋前くらいに行きました。
そんな小さな子供を連れていって大丈夫なの?と心配になるパパママもいるかと思いますが、意外と大丈夫です笑。
もちろん事前準備や安全対策は必要ですので、私の経験上どのようなポイントに気を配ればいいかをお話します。

管理の行き届いたキャンプ場を選ぶ

アウトドアに本当に慣れている方でない限り、キャンプ場の設備は重要です。

  • 子供が入れるお風呂が近くにあるか
  • ベビーカーは場内で使えるのか
  • 虫さされや発熱があったときに相談できる管理人はいるか
  • 砂利道や傾斜地をあるかなくてもいいキャンプ場か

キャンプ場選定のコツとしてはキャンプ場のHPで子供に配慮していると記載されていること。
電話で小さな子供がいると伝えた上で、親身になって対応してくれそうであれば安心できますよね。
キャンプ場は何が起きるかわかりません。
もし検討しているキャンプ場に不安があるようでしたら、コテージやグランピングなどの代替案を採用することも検討しましょう。
以前利用して地形や設備を把握しているキャンプ場もいいと思います。

近くの病院を事前にチェックする

子供は普段と違う環境に敏感です。
大人だと気にもとめない、ちょっとした音や気温、湿度の変化で興奮したり体調を崩したりします。
そんなとき、事前に近くの病院の営業時間や緊急連絡先をリサーチしておけば、慌てることもなくなります。
管理人の方にも事前に子供が体調を崩したときにはご迷惑おかけするかもしれない旨伝えておきましょう。
虫さされの対応も、現地の方のほうが、どのような虫に噛まれてどんな対処が必要か的確にアドバイスくれるかもしれません。
また、近くの病院が不定期でお休みしている場合の対応方法についても詳しいでしょう。

日除け対策や服装にも気をつけて

子供は体温調節が苦手です。
木陰が多いキャンプ場があるといいのですが、そうでない場合は通気性の良い日除けタープがあると重宝します。
帽子をかぶり、対応調整のしやすい重ね着系の服装がベストです。
水分補給も多すぎるくらい行うといいですね。

まとめ

キャンプは1歳児でも楽しめます。
そのためには事前準備や信頼できるキャンプ場を選定することがキーとなるでしょう。
皆様も家族みんなでファミリーキャンプ楽しんでください。

タケパパ
タケパパ

最後までご覧いただきありがとうございます!

タケログでは魅力的なキャンプ場や子供がのびのび遊べる公園を多数ご紹介しています。
是非他の記事もご覧いただき、お気に入りのキャンプ場や公園を見つけてもらえると嬉しいです。

お気に入りの場所までの移動は「車」が一番便利ですよね。
車を所有すると移動のストレスから開放され、遊びの幅がグーンと広がります!
車の所有の仕方としてタケログがおすすめしているのは気軽にマイカーを持てるカーリース
カーリースをおすすめする理由はこちら

理由①カーシェアやレンタカーと異なり、車をマイカーのように使える

理由②月々定額で家計管理が楽!頭金も不要

理由③残価設定で月々の支払いが安い

理由④車内はプライベート空間なので、公共交通機関と異なり、周りの乗客等に気を使わなくていい

理由⑤日々の買出しはもちろん、週末レジャーでの遊びの幅が広がる

タケ
タケ

カーリースは子育てを充実させてくれます
カーリースについても記事を書いているのでそちらも御覧ください!

How to CAMP
スポンサーリンク
タケをフォローする
タケログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました