頭金ゼロ!月額最安!お得なマイカーリースを利用しよう!

カーリースって何?月々定額!安くてお手軽な初心者に優しい車の所有の仕方です!

CAR
タケパパ
タケパパ

こんにちは!タケです!
今回はカーリースについて丁寧に説明します。

ここ最近話題になることが多いカーリース。CMでもトヨタの「KINTO」が流れてくるし、車の新しい所有形態として気になっていませんか?

カーリースは車をマイカーみたいに使えて、月々の家計管理もしやすいオススメな車の所有方法なんです。

たとえば家族が増えて買い物やレジャー用にマイカーが欲しくなることはよくあるケース。マイカーは何をするにも、とにかく便利!生活の質や快適性が格段に上がります

 
ママ
ママ

子供を連れて旅行に行くとき、朝の準備が大変!
荷物揃えて、子供の支度してご飯食べさせて、、、
カーシェアやレンタカーだと車を取りに行って荷物を入れて、、、もうそれだけで大変なのよね。

タケ
タケ

家の敷地内や近くに車があると、パッと乗ってすぐ出発!
キャンプギアなどの荷物も置きっぱなしにできるので大助かりだよ。

ママ
ママ

電車だと大泣きする子供に周りの目が気になったり、大きな荷物が大変。でも車なら周りの目も気にならないわ。

長男
長男

移動中はぐっすり寝れるよ〜

タケ
タケ

カーリースなら月々定額で安くマイカーを持てるイメージ。面倒な自賠責保険や税金もコミコミ!頭金無しで利用できるからハードルが低く、家族ができて車を持ちたいという方にはぴったりです

カーリースとは

そもそもカーリースって何?に一言で説明するとしたら

車のサブスクリプションです。

近年サブスク(サブスクリプションの略)という言葉を聞く機会が増えてきていませんか?
サブスクは月々定額でいろいろなサービスを飽きるまで楽しむことができます。音楽の聴き放題サービス、映画の見放題サービス、書籍の読み放題サービス。カーリースは車の費用を月々定額支払うことで貸与された車を乗り放題できるサービスなのです。

タケ
タケ

このカーリース、
ここ数年で爆発的に利用者が増えてきています。

JALA(日本自動車リース協会連合会)によると平成元年にはリース車保有台数が942,774台だったものが、令和2年には3,883,128台にも伸びており、30年ほどの間に4倍以上にまでなっています。

タケパパ
タケパパ

今注目のカーリース!
所有しなくても、車をお得に利用できるんです。

カーシェア、レンタカー、購入とカーリースの違い

所有しない車の利用形態としてカーシェアとレンタカーがありますが、どのように違うのでしょうか。購入も含めて比較してみます。

カーリースレンタカーカーシェア購入
料金月額固定利用時間分の支払い月会費&利用時間分&走行距離分多額の頭金が必要
利用期間3,5,7年等数時間〜数日数時間
※貸し出し中の場合は利用不可
期限なし
税金
自賠責保険
月額費に含む支払い不要支払い不要都度支払い
駐車場代契約者負担契約者負担契約者負担契約者負担
車の利用者契約者本人不特定多数特定多数契約者本人
ナンバープレート通常ナンバー「わ」ナンバー「わ」ナンバー通常ナンバー
ママ
ママ

カーリースはレンタカーやカーシェアと比べると、長期間同じ車を本人だけが利用できる点が大きな特徴ね。車の購入と比べると月々定額で家計にも優しそう!
カーリースでもマイカー感覚で利用できそうね。

タケパパ
タケパパ

コロナの影響もあって、所有者だけ利用できるプライベート空間としての車が改めて注目されています。
所有にこだわらず車を利用したい人にとっては選択肢の一つになりそうだね。

カーリースのメリット

頭金不要で気軽に新車に乗れる

カーリースは基本的に頭金不要です。車購入となると税金や登録費用などの諸費用を頭金として用意する必要がありますが、カーリースなら乗りたいと思ったそのときに気軽に契約できます。一般的に頭金は車両本体価格の20〜30%と言われています。例えば300万円の新車を購入した場合60〜90万円の頭金が必要になります。

ママ
ママ

お金が必要なときは突発的に訪れるもの。何かあったときの備えとして、なるべくお金は手元においておきたいわね。

車の維持費が月々定額

毎年忘れた頃にやってくる自動車税種別割なども月々の支払額に含まれています。納付手続きの手間も不要です。面倒な費用のやりくりを考える必要はありません。

ママ
ママ

月々に必要な金額が前もってわかるから、家計の管理に助かるわ。

月々の支払額が安い

車の支払額は、車体価格の総額ではなく、車の返却時の残存価格(残価)を差し引いた金額を払うので、月々の出費が抑えられます。車は一定期間借りるだけでいいという方はカーリースを利用することでお得に車に乗れますね。

すべてネットで完結

新車を購入する場合、必ずディーラーに足を運ぶ必要があります。ですが、忙しくてディーラーに行く時間を作るのが難しい方もいるでしょう。カーリースなら車選びから審査の申し込み、納入まですべてオンライン上で完結させることができる会社がほとんどです。

カーリースのデメリット

距離制限が設定されている

残価設定があるため安く車に乗ることができますが、強制的に走行距離に制限を設けています。多くのリース会社の走行距離制限の平均は月1000〜2000㎞程度です。指定された走行距離を超過してしまうと、追加費用を請求されます。
ご自身の利用方法に合わせて走行距離を設定することが大事です。

カスタマイズしにくい

基本的に車は借り物なのでカスタマイズNGな会社が多いです。自分で車を改造して楽しみたいという方はあまりおすすめできません。
※一部改造OKをうたっているカーリース会社もあります。

追加精算が発生するリスクがある

カーリースは借りた車を利用するので、車を傷つけたり破損してしまうと返却時に追加精算が発生してしまいます。長期利用するのである程度の汚れや傷は許容されると思いますが、大きな傷や凹みなどは追加精算請求される可能性があります。
こちらは各社の保険で対策できるものもあるのでご活用ください。

車を一括購入するよりも支払い総額は高い

同じ車をずーっと乗ることを想定すると、一括払いできるしたほうが費用は安く済みます。もしキャッシュが潤沢にあって、お気に入りの車をずーっと乗車する予定であれば一括購入をおすすめします。
ただ、そこにはリスクがついてきます。

・家族構成が変わるリスク(子供が増える)
・単身赴任になるリスク
・新しい安全性能が追加された車が欲しくなるリスク
・高額な頭金で手元にお金がなくなるリスク
タケパパ
タケパパ

一括購入しないことは意外とメリットが多いですね。

オススメのカーリース会社

カーリースは各社プランを出していますが、私がオススメなのは三和サービスが提供する「リースナブル」です。「リースナブル」をオススメするのは以下の理由などなど。

・新車月額費用が他のカーリース会社に比べて最安クラス
・主要な車種を一通り網羅している
・納車が早い
・全国完全サポート
・メーカー保証5年付き
・車のカスタマイズOK
・追加精算について補償制度あり
タケパパ
タケパパ

リースナブルの詳しい説明はこちらの記事をご覧ください。特に週末レジャー利用の多いファミリーにおすすめです。

まとめ

結論カーリースがおすすめなのはこんな方です。

・レンタカーやカーシェアではなく家族で自由に使えるマイカーがほしい
・頭金不要で月額費用を安く済ませたい
・手続きは極力ネットで完結させたい
・大きなカスタマイズをする予定はない

最後までご覧いただきありがとうございます。
皆様もカーリースで理想のカーライフを満喫しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました