頭金ゼロ!月額最安!お得なマイカーリースを利用しよう!

家族でのんびりカヌーのすすめ!ゆったり自然探索はいかが?

ACTIVITY

こんにちは!タケです!

自然の中でのんびりするのって良いですよね。ハンモックに揺られたりお気に入りの椅子に座って焚き火を眺めたり。自然が好きな方はカヌーもおすすめです。湖畔でのカヌーならゆらゆらと気持ちよくリラックスできます。風や波がなければまず湖に落ちたりしません。そんなカヌーの魅力をまとめましたので是非最後までご覧ください。

カヌーの種類

出典:https://www.wild1.co.jp/academy/howto/canoe/tool_canoe/canoe.php

カヌーにはいくつかの種類が有ります。
大まかに言うとダブルパドルで漕ぐものがカヤック、シングルパドルで漕ぐものがカナディアンカヌーとなります。カヤックは海用川用とありますが、小さなお子さんと一緒に利用するのであれば二人乗りのできるカナディアンカヌー等を利用すると良いと思います。見た目もクラシカルで雰囲気が有りますね。オープンスペースが広いのでワンちゃんも一緒に湖や川へ行くことも出来ます。私はカナディアンカヌーにダブルパドルで利用しました。

カヌーの楽しみ方

四季折々の風景を水面に近い場所から鑑賞することが出来ます。秋であれば紅葉が綺麗ですし、新緑の季節も木々が綺麗でしょう。ジャングルの中を探検していくような様はディズニーのジャングルクルーズを思い出させるかもしれません。蔦や木の下をくぐれば子どももはしゃぐし、大人も童心に帰って楽しめます。
また、SUPよりも水に濡れる可能性は低いので落ち着いてクルーズを楽しめます。
また、お子さんとのんびりゆっくり川の上で揺られると、リラックスして贅沢な時間を過ごせますよね。

カヌーの注意

・ライフジャケットは脱げないように注意しましょう。
万が一落ちてもライフジャケットが脱げなければ心配有りません。

・体調が悪いときはキャンセルしましょう
川は湖の上で体調が悪くなると引き返すのが大変です。特に子供は体調が急変しやすいです。事前に体調を整えてからカヌーを楽しみましょう。

・天候に注意しましょう
雨が降らない、日照りが強くない、水温が低すぎないことを確認しましょう。日照りが強い場合はアウトドア用のハットやラッシュガード等で肌を守りましょう。

・初心者はガイドがいる場所を選びましょう
最初はガイドさんに色々指導を受けながらカヌーを楽しみましょう。カヌーは意外と腕の筋肉を使います。漕ぎ方によっては腕がだるくて筋肉パンパンになってしまいます。体力の配分には気をつけましょう。
また、カヌーは重心を傾けるとかなり不安定です。転覆した場合のリスクヘッジをしましょう。

どこで始められるの?

関東近辺ではいろいろな場所でツアーが組まれています。
・東京都 奥多摩
・埼玉県 玉淀湖(タマヨドコ)
・群馬県 四万湖(シマコ)

半日で7000円ほどで全てレンタルでき、ガイドさんが案内してくれます。
お子さんは3歳以上からでしょうか。一人で乗れるのは大体10歳くらいからですかね。あまり年齢の基準はないのかもしれませんが、安全対策だけはきちんとしましょう。

ちなみに今回は玉淀湖のツアーにお世話になりました。
グリーンの荒川は写真映えしますね。

まとめ

キャンプ地などでいろんなアクティビティがあると思いますが、カヌーも非常に魅力的な経験になると思います。まだやったことがない方は是非試してみてはいかがでしょうか。

タケパパ
タケパパ

最後までご覧いただきありがとうございます!

タケログでは魅力的なキャンプ場や子供がのびのび遊べる公園を多数ご紹介しています。
是非他の記事もご覧いただき、お気に入りのキャンプ場や公園を見つけてもらえると嬉しいです。

お気に入りの場所までの移動は「車」が一番便利ですよね。
車を所有すると移動のストレスから開放され、遊びの幅がグーンと広がります!
車の所有の仕方としてタケログがおすすめしているのは気軽にマイカーを持てるカーリース
カーリースをおすすめする理由はこちら

理由①カーシェアやレンタカーと異なり、車をマイカーのように使える

理由②月々定額で家計管理が楽!頭金も不要

理由③残価設定で月々の支払いが安い

理由④車内はプライベート空間なので、公共交通機関と異なり、周りの乗客等に気を使わなくていい

理由⑤日々の買出しはもちろん、週末レジャーでの遊びの幅が広がる

タケ
タケ

カーリースは子育てを充実させてくれます
カーリースについても記事を書いているのでそちらも御覧ください!

ACTIVITY
スポンサーリンク
タケをフォローする
タケログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました