頭金ゼロ!月額最安!お得なマイカーリースを利用しよう!

コスパ最強なナチュラルテーブル!フィールドアのバンブーテーブルはファミリーキャンプでもめっちゃ使える!

How to CAMP

キャンプで使うテーブルも色々種類が有りますよね。
我が家では以下の基準でキャンプテーブルを選び購入しました。
・自然素材のナチュラルな見た目
・お手入れが楽
・コンパクトになる
・コスパがよい
やっぱり気に入ったギアを購入したいですよね。
この記事ではフィールドアのバンブーテーブルの特徴やギミックを記載します。購入の参考になれば嬉しいです。

スペック

バンブーテーブルは3種類のサイズがありますが、今回はファミリーキャンプでの使用を考慮してW100㎝のレビューを行います。その他サイズはW60とW40です。

本体サイズ:W100×D60×H46〜70㎝
折りたたみ時サイズ:W100×D12×H17㎝
重量:7㎏
材質:バンブー(竹)※表面はポリウレタン樹脂加工
フレーム:アルミニウム合板
耐荷重:50㎏

特徴

ナチュラルな仕上がりでキャンプに馴染む

自然素材の天板って雰囲気良いですよね。シンプルな竹の天板がキャンプに馴染みます。木の天板も良かったのですが、竹の質感も面白いです。普段手にする家具はだいたい木なので、目新しい竹の質感に惹かれました。ナチュラル系のキャンプギアで統一したい方はおすすめです。

掃除が楽

人気のテーブルの一つに「ロールトップテーブル」があります。

見た目がオシャレですごく惹かれたのですが、我が家が利用すると木板一本一本を留めているベルト部分が汚れて掃除が大変だと確信してたので検討から除外しました。子供ってご飯こぼしますよね。せっかくのキャンプなのに、ご飯をこぼしてその掃除が大変だからちょっとイライラなんてするの嫌じゃないですか。
比較的隙間が少なくベルトもないバンブーテーブルは、天板表面のウレタン加工もあるので、さっと一拭き掃除が楽です。

足は無段階調節可能で凸凹地面でもガタつかない

キャンプ地が凸凹なのは周知の事実。傾斜地も多く、完全に平坦な場所は有りません。バンブーテーブルは足(フレーム)が無段階調節可能なので、どんな傾斜地にも水平な天板に調整可能です。足がガタつくと子供もうまくご飯を食べられないですよね。それがキャンプの醍醐味と感じる方もいるかも知れませんが、子連れや初心者キャンパーには安全安心なテーブルがおすすめです。

値段が良心的

先程の「ロールトップテーブル」や他者さんが出している自然素材のテーブルに比べてバンブーテーブルは安いです。確かに私が購入したものも竹の反りが多少有りましたが、使用上ほとんど気にならない程度のものでした。

ファミリーで使うにはサイドテーブルがあると良い

最大幅が100㎝なので、4人で使うには余裕が有りません。食べ物やドリンクのみなら利用できるでしょうが、コンロやランタンを置くとスペースが足りない可能性が有ります。なので、サイドテーブルがあると便利です。コンロを置いたりまな板包丁を置いたり。うちは無印良品の「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」をサイドテーブル化して使っています。100均で購入したスノコをDIYしました。頑丈収納ボックスの記事はこちらになりますのでご興味ある方はご覧ください。

ギミック

バンブーテーブルの展開の仕方について解説します。

収納された状態です バッグは手提げがあって持ち運びに便利です
4つ折りの状態で収納されています
一度開きます
更に開きます
固定するためのロックバーを回転させます
ロックバーを回転させて挟み込みます
足を立てて長さを調整したら完成です

まとめ

コスパに優れたバンブーテーブルはお手入れも簡単でファミリーキャンプにおすすめです。ご検討ください。

タケパパ
タケパパ

最後までご覧いただきありがとうございます!

タケログでは魅力的なキャンプ場や子供がのびのび遊べる公園を多数ご紹介しています。
是非他の記事もご覧いただき、お気に入りのキャンプ場や公園を見つけてもらえると嬉しいです。

お気に入りの場所までの移動は「車」が一番便利ですよね。
車を所有すると移動のストレスから開放され、遊びの幅がグーンと広がります!
車の所有の仕方としてタケログがおすすめしているのは気軽にマイカーを持てるカーリース
カーリースをおすすめする理由はこちら

理由①カーシェアやレンタカーと異なり、車をマイカーのように使える

理由②月々定額で家計管理が楽!頭金も不要

理由③残価設定で月々の支払いが安い

理由④車内はプライベート空間なので、公共交通機関と異なり、周りの乗客等に気を使わなくていい

理由⑤日々の買出しはもちろん、週末レジャーでの遊びの幅が広がる

タケ
タケ

カーリースは子育てを充実させてくれます
カーリースについても記事を書いているのでそちらも御覧ください!

How to CAMP キャンプ道具
スポンサーリンク
タケをフォローする
タケログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました